日本代表の
パンを食べよう

フランスで行われるパンの世界大会「モンデュアル デュ パン」に出場した3人の日本代表が、会場で実演販売いたします。行列のできる日本代表の焼きたてパンを、この機会にぜひ!

ブーランジュリー パリゴ

ブーランジェリー パリゴ

左から 黒豆と大豆のカンパーニュ 各日100点限り 843円(1個)
ショコラブランとトロピカルフルーツのケークブリオッシェ 各日100点限り 843円(1個)

ブーランジェリー パリゴ

安倍 竜三シェフ

2011・2013年日本代表。2017年、日本代表コーチを務め準優勝を飾る。15歳にパン業界入りし、福盛幸一氏に師事。21歳に渡仏し、数々の技術や資格を取得。第一回コンクール・メイユールクロワッサン職人部門優秀賞。2005年〈ブーランジュリー パリゴ〉開店。アンバサドゥール.デュ.パン国際評議員。フランスの技術を活かし、日本の食文化を意識した美味しい食事パンにこだわる。

5月23日(水)〜28日(月)来店

サ・マーシュ

サ・マーシュ

左から 豆乳クリーミィフランス 各日100点限り 648円(1個)
甘酒カンパーニュ 各日100点限り 648円(1個)

ブーランジェリー パリゴ

西川 功晃シェフ

2009年日本代表。広島〈アンデルセン〉、〈オーボン ヴュータン〉、東京と芦屋の〈ビゴの店〉の店を経て、〈コム・シノワ〉の荘司索オーナーと出会う。1996年、荘司氏とともに〈ブーランジェリー コム・シノワ〉を開店。2010年〈サ・マーシュ〉をオープン。斬新なパンを次々と生み出す、日本のパン業界を牽引する一人。

5月23日(水)・24日(木)来店

ブーランジェリー
フリアンド

ブーランジェリー フリアンド

左から ドームカシス 648円(1個)
グリオットのエクレール 648円(1個)

ブーランジェリー パリゴ

谷口 佳典シェフ

2015年日本代表、健康と栄養パン部門世界1位。2003年〈ドンク〉に入社。2009年パン研修のため渡仏し、2店舗のシェフブーランジェリーを歴任。2010年〈ブーランジェリー・フリアンド〉を開店。2011〜2013年兵庫県パングランプリ優勝。2016年ベスト・オブ・モンデュアル・デュ・パン世界4位。「日常の中で気軽に食べるもの」との思いから、自然酵母にこだわり本質的な味わいを大切にする。

5月23日(水)〜28日(月)来店

モンデュアル・デュ・パンって、
どんな大会?

アンバサドゥール協会*が主催する、フランスで行われる世界一を決める大会の一つ。見た目のみではなく栄養面や健康面も評価の対象となり、二人一組で若手(22歳以下)のアシスタントとのコンビで競う。パンの技術向上と職人の交流を目的とした大会。

※アンバサドゥール協会。職の啓蒙と伝承の意志のもと国際ブーランジェリーコンクールを開催する、MOF(国家最優秀職人賞)の称号をもつ会員を中心とした協会。

ラパン

ラパン

ショコラ・ノワゼット 各日100点限り 432円(1個)

ブーランジェリー パリゴ

ルメ パトリックシェフ

『2017年の大会に通訳として同行しました。当日は、会場の熱気や緊張感が凄かったですね。大会後のパーティでは開放感から、日本代表も他国の選手と和気あいあいと楽しんでいましたよ。この大会は国内外の優秀なパン職人と交流でき、パンの世界が広がることが醍醐味だと思います』
フランス出身。16歳でパン職人デビューし、フランスで修行。1992年21歳に来日し、4店舗で修行後、2005年に〈ラパン〉を開店。20年間暮らす広島で「毎日食べたいパン」をテーマに、地元の人に愛される美味しいパンを作り続けている。アンバサドゥール.デュ.パン.ド.ジャポン理事。

※5月23日(水)〜28日(月)来店

※都合により、来店スケジュールは、中止、または変更になる場合がございます。また、時間帯により不在の場合がございます。