イセタン サロン ド パルファン

香水コーディネーター牧野和世コラム 香りはHAPPYを見つける道しるべ

「その人の心の中に持っている
隠れた魅力に光を当てて
虹のように輝かせる…
香水とはまさにそういうもの。」 「キレイもかわいいも思いのまま!1秒でモテる香水テクニック」
牧野和世著KADOKAWA

クレオパトラやマリー・アントワネット、ナポレオン……。歴史に名を残す人物について紐解いてみると、権力を誇った人たちの多くが香りに魅了され、香りをあやつっていろいろなことを成し遂げています。またはるか昔から、日本をはじめ世界のさまざまな宗教で、神に捧げる儀式のときにお香を焚くのは、香りによって目に見えない力が働くと信じられていたから。「パフューム」の語源となったラテン語には「煙が漂う」という意味があり、人々は香りに願いを託し、それを天に上る煙に乗せて神に届けていたのです。
 香りには確かに何かを引き寄せる力があって、私はそれによって運命を切り拓いたり、変えたりすることができると思っています。世の中にこんなにいい香りがあふれている今、それを上手に使わないと、もったいない! たとえば可愛い香りをつければ、周囲は「可愛い女性なんだ」と勝手に思い込んでくれたりするから……。
私自身、やわらかくて上品な香りをつけて仕事先に行くと、「牧野さんはいつもやさしくて、清潔感があって素敵ですよね」なんていわれることがあります。実際はそのとき、徹夜明けで疲れきっていたとしても、そうは思われない。それは香りがその香りどおりの私のイメージを、相手に抱かせてくれるから。脳にダイレクトに伝わり本能に働きかける香りは、「直感」を大きく左右するのです。
 ただし香りで魔法をかけられるのは、3回程度まで。だから相手だけでなく自分自身にも魔法をかけて、3回で自分もその気にさせてしまえばいい。その先には多少の努力も必要かもしれないけれど、そのうちそれが身について、きっと自分そのものになるから。「キレイになる!」という強い気持ちに香りの力を足して、2倍速、3倍速でキレイになっていった女性を、私は何人も知っています。
香りはいわば、HAPPYへの近道を見つける道しるべ。だからネガティブなことは、考えずに使うこと。これは大きなポイントです。ポジティブに笑顔でいれば、香水は必ずあなたの味方になって、大きな効果を発揮してくれるに違いありません。
 その人が心の中に持っている隠れた魅力に光を当てて、虹のように輝かせる。香水とは、そういうものだと思っています。

牧野和世 _ まきの・かずよ

ビューティプロデューサー、香水コーディネーター。雑誌や広告、ウェブにて美容企画の監修を手がけるほか、化粧品開発、コンサルティングなど、多方面で活躍中。VOGUE Beauty Award 審査員、日本フレグランス大賞最終審査員。香水に関する見識も高く、その人の魅力を引き出す“香水診断”は人気殺到。著書に『キレイもかわいいも思いのまま! 1秒でモテる香水テクニック』(KADOKAWA)。