ニューヨークはインスピレーションの宝庫
〜アシュレイ・ヴェリエ氏インタビュー

さまざまな刺激を与えるニューヨーク。その街で、若くして才能を認められたアシュレイ・ヴェリエ氏に、身近な街のことやクリエイティビティあふれる創作活動について伺いました。

ニューヨークに対するイメージ

ニューヨークは開放的な大都市のイメージで知られていると思いますが、実際に住んでいる人たちは、この密集したマンハッタン島の小さな部屋に住み、イートインキッチンや十分なクローゼットのスペースがないことに文句を言ったりしています(笑)。でもその生活が、既存の枠にとらわれない感覚や、細やかな感受性と探究心を奮い立たせたりするのではないでしょうか。私は、ニューヨークにはさまざまな「可能性」がある気がしています。ドアから一歩出た先にある大きな公園はまさにみんなの裏庭ですし、ミュージアムにある歴史ある物たちは、いつも私たちを誘惑し続けます。レストランに行けば世界中の料理に出会えますし、ショッピングはもちろんお宝が山のよう。そのようなニューヨークでの暮らしぶりが、Big Apple(ニューヨーク市のニックネーム)に住みたいと思う人々を惹きつけているのだと思います。

ニューヨークでお気に入りの場所

午後の散策は、セントラルパークのシェークスピアガーデンで。ミュージアムなら、アメリカ自然史博物館が外せません。仕事柄、ハンドメイドの素材を探すときにお世話になっているのはTinsel Trading & Companyというお店です。フードでお気に入りなのは、ランチで行く一風堂のラーメンかな(笑)。ちょっと一杯飲みたいときには、Little Branchで雰囲気とお酒を味わうのもいいですね。

「CIRCUS BINOCULARS」グリッター入アートプリント 28,836円
(アメリカ製/額装サイズ:37.5×30㎝)

創作活動におけるこだわり

ニューヨークのスタジオで生まれるデザインはすべて、私のオリジナルイラストレーションです。高品質の紙にジクレーインクを使ってデザインした後、複数のアーティストたちによってネオンの彩色からグリッターまで、すべてハンドペイントで仕上げられています。

「NO1 FEMME PINK」グリッター入アートプリント 28,836円
(アメリカ製/額装サイズ:37.5×30㎝)

ISETAN New York Weekにいらっしゃる方にメッセージ

verrier handicraftedの作品は、一つずつカスタムメイドのものだと考えています。それぞれのデザインには色やグリッター等を加えるパターンが決まっていますが、アーティストたちそれぞれのブラシのストロークや、色やグリッターの乗せ方によって、作品は違ったものに仕上がります。豊富なセレクションの中から、作品のテーマごとに付けられたポジティブなタイトルとともに、あなたの心にスペシャルな何かが届いたら嬉しいです。

「I’m over the rainbow for you」グリッター入アートプリント 28,836円
(アメリカ製/額装サイズ:30×37.5㎝)

verrier’s collection

5月24日[水]~6月6日[火]
新宿店本館5階=アート&フレーム

アシュレイ・ヴェリエ Ashleigh Verrier

1981年、サンフランシスコ生まれ。NYの名門校「パーソンズ・スクール・オブ・デザイン」の卒業コレクションが人気セレクトショップに購入されたことを機にブレイク。2006年に自身のブランド〈ヴェリエ〉を創立。母、ジュードとともに立ちあげたブランド「Verrier handcrafted」では、さまざまなアートプロダクトを手がけ、自身がファッションイラストレーションを描き、NYのユニオンスクエアにあるスタジオで手作りされる、ネオンポップカラーやグリッターのアクセントが効いたオリジナルのグリーティングカードが人気を集めている。